クラウドサインを導入しました

業務委託契約書などの契約書を交わす際、
二部印刷して製本化、割印を押し、

お相手に送付状と返信用封筒を用意し郵便局にて送付、
数日後お相手に届き、内容を再確認していただき、

問題があれば再度作り直し、
問題がなければお相手も同じ作業を行い返送。

ここまで行いようやく両者の押印が済んだ契約書を
両者が保管できるのですが、スムーズに行っても
約一週間はかかりますよね・・・

この工程を全てオンラインで行えるサービス
「クラウドサイン」を導入しました。

押印を電子署名に変更することで、
郵送や押印作業を省略することができます。

また、契約書としての有効性も
紙ベースのものと一切変わりはないということなので、
実際にご契約いただいたお客様からも、

「すごい便利で驚きました!」

と言った声をいただいております。
クラウドサインは、無料で使用可能です。

また、契約書を受け取る側(お客様側)は、
アカウント等の登録が必要ないため、
面倒な準備が一切必要ありません。

契約書内容の確認を、最後までできることも
紙ベースより安心感を与えられると感じています。

以上、電子署名サービス「クラウドサイン」についてでした。

クラウドサインはコチラ