「パソコンやってみたいけど、どうやるの?」
「パソコンで何ができるの?」
「何言ってるのか分からない」


この会社の始まりは、私自身が実家へ帰省した際の、
家族からのこんな一言がきっかけでした。

この様なことを、両親はもちろんのこと、
あまり年の離れていない姉からもよく言われていました。

その際、私も一生懸命理解してもらえるように伝えるのですが、
パソコンやインターネットに触れてない人にとっての
横文字の言葉は”日本語以外のなにか”であり、
ただ説明しても理解してもらうことはできませんでした。

そこで私は身近にある生活で毎日使用しているものや
人に例え、それをインターネット用語に当てはめて説明をしたところ、
驚くほど簡単に理解してもらうことができました。

一方でインターネットの世界は広がりを続け、
日々様々な新しいサービスが展開、提供されていっています。

提供されるサービスも、どんどんとクリエイティブなものとなり、
「パソコンで何ができるの?」と思う人には、
もはや画面に羅列した文字は全て呪文や暗号のような
”日本語以外のなにか”に思えてしまいます。

しかしながら、自身が初めてパソコンに触れ、
インターネットというものに出会った時も、
全く同じことが起きていたことを思い出します。

呪文のような魔法の言葉たちを理解したとき、
それは意外と魔法の言葉ではなく、
”日本語としても理解することが可能なもの”で
新しい世界へ自分を連れていってくれる
とても素敵な言葉たちだったのです。

本当はインターネットを使ってみたいという気持ちがあっても、
私の家族のように、その”スタートライン”に立つことを
諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。

私はその原因の1つを「説明不足」と考えています。
提供するだけ提供し、不明点をマニュアル通りに
繰り返し伝えるだけ・・・
これでは赤子に「泣くな」と言い続けているようなものです。

その人にあった、理解できるような言葉を選び、
ときにそれを何かに例え、理解ができてから
次のステップに進む、それもゆっくりと。

例えば、飲食店を経営されている方で、
ホームページをお持ちでない場合、
インターネット上からの集客というのは「0」です。

インターネットの普及により、
街中で新しいお店を見つけたしても、
まずはインターネットでの検索をする人々が増えた分、
せっかくお店の近くまで来ているのに、
インターネットに何も情報がないと、
よほどのことがない限り、利用することはないでしょう。

インターネット上にホームページを持つだけで、
その数字が「1」になる可能性があり、
さらに通販に対応したり、
お店のサービスを発信することで、
その数字は「2」から「3」と
増えていく可能性があります。

そしてもうひとつ、
インターネット上の情報量の多さや、
ホームページ上の情報量の多さも、
インターネットと疎遠な人を、さらに遠ざける要因だと思います。

私は、私の家族のような境遇の人たちに、
新たな可能性を感じていただき、
現代のインターネット社会を
十分に活用していけるよう、

1からサポートを行い、
インターネット活用レベルの
向上を目指し、活動していきます。

そして発信する情報や、
制作するサイトも、
シンプルでわかりやすいものを追求していきます。

「インターネットを、もっと身近に。」
「そして新たな可能性の架け橋になりたい。」

この思いから、
この会社は生まれました。

どのようなことでも構いません。
まずは一度、ご相談ください。                 


「パソコンやってみたいけど、どうやるの?」
「パソコンで何ができるの?」
「何言ってるのか分からない」


この会社の始まりは、私自身が実家へ帰省した際の、
家族からのこんな一言がきっかけでした。

この様なことを、両親はもちろんのこと、
あまり年の離れていない姉からもよく言われていました。

その際、私も一生懸命理解してもらえるように伝えるのですが、
パソコンやインターネットに触れてない人にとっての
横文字の言葉は”日本語以外のなにか”であり、
ただ説明しても理解してもらうことはできませんでした。

そこで私は身近にある生活で毎日使用しているものや
人に例え、それをインターネット用語に当てはめて説明をしたところ、
驚くほど簡単に理解してもらうことができました。

一方でインターネットの世界は広がりを続け、
日々様々な新しいサービスが展開、提供されていっています。

提供されるサービスも、どんどんとクリエイティブなものとなり、
「パソコンで何ができるの?」と思う人には、
もはや画面に羅列した文字は全て呪文や暗号のような
”日本語以外のなにか”に思えてしまいます。

しかしながら、自身が初めてパソコンに触れ、
インターネットというものに出会った時も、
全く同じことが起きていたことを思い出します。

呪文のような魔法の言葉たちを理解したとき、
それは意外と魔法の言葉ではなく、
”日本語としても理解することが可能なもの”で
新しい世界へ自分を連れていってくれる
とても素敵な言葉たちだったのです。

本当はインターネットを使ってみたいという気持ちがあっても、
私の家族のように、その”スタートライン”に立つことを
諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。

私はその原因の1つを「説明不足」と考えています。
提供するだけ提供し、不明点をマニュアル通りに
繰り返し伝えるだけ・・・
これでは赤子に「泣くな」と言い続けているようなものです。

その人にあった、理解できるような言葉を選び、
ときにそれを何かに例え、理解ができてから
次のステップに進む、それもゆっくりと。

例えば、飲食店を経営されている方で、
ホームページをお持ちでない場合、
インターネット上からの集客というのは「0」です。

インターネットの普及により、
街中で新しいお店を見つけたしても、
まずはインターネットでの検索をする人々が増えた分、
せっかくお店の近くまで来ているのに、
インターネットに何も情報がないと、
よほどのことがない限り、利用することはないでしょう。

インターネット上にホームページを持つだけで、
その数字が「1」になる可能性があり、
さらに通販に対応したり、
お店のサービスを発信することで、
その数字は「2」から「3」と
増えていく可能性があります。

そしてもうひとつ、
インターネット上の情報量の多さや、
ホームページ上の情報量の多さも、
インターネットと疎遠な人を、さらに遠ざける要因だと思います。

私は、私の家族のような境遇の人たちに、
新たな可能性を感じていただき、
現代のインターネット社会を
十分に活用していけるよう、

1からサポートを行い、
インターネット活用レベルの
向上を目指し、活動していきます。

そして発信する情報や、
制作するサイトも、
シンプルでわかりやすいものを追求していきます。

「インターネットを、もっと身近に。」
「そして新たな可能性の架け橋になりたい。」

この思いから、
この会社は生まれました。

どのようなことでも構いません。
まずは一度、ご相談ください。

Payment Bridge 株式会社
代表取締役 稲見 浩司